プロジェクト・事例 Project

KANAGAWA VOLUNTARY ACE! PROGRAM

豊かなかながわをツクル!

 

地域でますます存在価値が高まっているNPO法人。

神奈川県には、特定非営利活動法人(NPO法人)は3,385あります(平成27年2月末現在。全国で49,970。東京都、大阪府に続いて全国3位の認証数)。

全国調査でみると、NPO法人の年間の事業収益規模は、「1000万円超」の法人が約6割ある一方で、常勤有給職員の1人当たりの人件費をみると、「300万円以下」は77%となっています(内閣府平成26年度調査による)。

これからの人口減少社会、高齢化社会を鑑みるに、介護、保育、障害者などの福祉分野に限らず、教育、まちづくり、多文化共生などの多様な活動分野で事業展開し、地域の雇用を担うボランタリー団体への期待が高まることでしょう。

今年度のボランタリー団体成長支援事業では、5年先を見据えた中長期計画の策定を通じて、地域やテーマコミュニティからの信頼を獲得し、地域の雇用を担い、地域の活性化や課題解決に取り組む、成長志向のあるボランタリー団体の経営者、運営責任者に参画を広く呼びかけることにしました。

参加団体の成長を、地域のNPO支援センター、本プログラムの講師・アドバイザーの伴走支援によって力強く推進します。

平成28年度ボランタリー団体成長支援事業:神奈川県委託事業

 

次の時代のNPOがここから生まれる! 

 

 
 
プログラム概要はこちらから

 

 
関連記事 Relation article